何もできないマミー達(脱水症状で弱るチャト)

1月6日の深夜、息子が「チャトが吐いて倒れた!」とチャトを抱いて降りてきました。
チョコレート色のおう吐物が手にも付いていました。

グッタリとした様子を見て「もうダメだ?」と思いました。
ずっと抱きしめていましたが、朝4時過ぎに急に起き上がり、階段を登って2階の息子のベッドに行きました。

「もう~、ビックリさせてぇ。吐いて力を入れすぎて倒れたのかも?」とちょっとホッとしました。

7日は仕事を休む事ができず、気になりながら出勤
仕事をしていても心配でたまりませんでした。

帰宅するといつもと同じように息子のベッドで寝ていました。
良かった、
明日の朝一番で病院に行こうと思いました。
(今、思うとその時すぐ病院に行っていればもう少し・・・と後悔の気持が)
それに、2日程前から食べる量も減り、薬がしっかり飲めていないかもと気にしてました

でも、ブログにも掲載しましたが、4日には元気な顔で写真も撮れたのでまさかこんなに急に具合が悪くなるなんて信じられなくて・・・

8日朝、目に見えて弱っている。
この日は実家に行く予定でしたがチャトが弱っているので日延べしてもらいました。
チャトが弱っている事を聞いて、母と兄が我が家に来ると言ってくれたのですが、チャトも静かに寝ていたいだろうからと断りました。

元気のないチャトを見ていると涙が止まらなくなり、結婚して近くに住んでいる娘に連絡して一緒に病院に行きました。

体重を計ると先月2.5kgあったのに1.8kgにまで減少!
体温は37度!異常に低い数値

血液検査をすると電解質の数値が信じられない程の値
先生も「こんなひどい数値は初めて見た」とおっしゃいました。

極度の脱水状態でした。

「薬がどうのこうのという状態ではない。とにかく生理食塩水を点滴しよう」
「今日の夜も点滴に来て下さい」

先生の言葉を聞きながら、お正月以来水の減り具合のチェックをちゃんとしていなかった?
おしっこはちゃんとしていたのに?
お薬が残っていたら無理矢理でも飲ませるべきだった?
頭の中を後悔の念ばかり渦巻きました。

点滴をしても体温は上がりませんでした。
「できるだけ身体を温めてあげて下さい」と言われました。

自宅に帰り電気膝掛けにくるみ二人で見守りました。
時々起きてご飯の所にいきますが口を開けずじっとみているだけ
水も飲まない

大好きなお風呂場にも行きますがそこでも水を飲まない

夜、点滴に行きました。
水を飲まないのでスポイトで飲ませる事は?と聞きますと、先生は「人間でも無理矢理飲まされたら辛いでしょ」と言われました。
そして「入院はさせませんからね」とおっしゃいました。
その言葉を聞いた時、覚悟しなければと・・

私が8日間エジプトに行って不在だった事もチャトのリズムが狂ってしまったかもと言われた時は辛くて・・(T_T)
息子が帰宅するのは11時頃
それまでチャトは寒い部屋で寝ていたのです。
息子も毎日心配でたまらなかった様子
エアコンをタイマーで早めに付けてあげれば良かったと今頃気づきました。

それに私を探して一晩で十数回起こされたと息子は言っていました。

寒さと寂しさ
チャトにはすごいストレスだったと思います。

涙が止まらなくて何も手に付かなくて・・・
娘が泊ってくれたのでマミーはホッとしました。

マミーの布団で寝ていたチャトはいつの間にか娘の布団に移動していました

9日朝、娘が「チャトがおしっこしてる!」と
布団も娘もびしょびしょでした。

チャトの失禁!その瞬間、来るものが来た思いました。
「もう、おねしょなんかしてぇ~」と娘に冗談っぽく言って、娘も乗ってくれましたが娘も覚悟したようです。
失禁はあと数回ありました
布団の中、歩きながらも・・・
おしっこをするという感じではなく、水がもれ出すような感じで

グッタリとして動かしてやるのは可哀そう
先生に相談しよう
早いけれど病院に電話しました。

先生はまだとの事
時計をにらんでしばらく待ち電話

マミーは泣かずに話す自信が無くて電話は全部娘がしてくれました

状況を話すと先生はもう点滴はやめましょうとの事
昨日の様子で先生は分かっていたのです
だから「入院はさせませんよ」と

私も入院させて寂しい思いをさせて、病院で寂しく天国に行かせるなんて絶対イヤでした
先生はマミーの気持をよーく分かっていたのです。

エジプトに行く前、早めの検診に行った際、「チャトは痛い思いをさせずに老衰で眠るような最期を迎えさせてやりたいのです」とマミーが話すと先生は「もう、今が老衰ですよ」なんて言ってマミーをびっくりさせていました。
その時、「腎臓が限界だから2日に一回の”自宅点滴”を考える時期になりましたよ」と言われエジプトから帰ってから考えますと返事してそのままになっていました。

”自宅点滴”・・・ マミーには抵抗がありました
2日に一回痛い思いをさせる・・・
点滴をやめればすぐに死につながる・・・
それが無理に生かせるだけの延命処置になるのならチャトにとって幸せなのだろうか?

少しでもそばにいて欲しい
でも、それがチャトにとって苦痛な処置を伴うのなら、マミーのエゴになるのでは?

チャトの弱っている状態を見ながら”自宅点滴”をしていれば・・・という後悔の気持も湧き上がりました

目に見えて弱り、フラフラなのに何回も何回もご飯と水の場所に行きジッとしています。
大好きなお風呂場にも何回も行きます。
でも、口を開きません
前日点滴をした後は、二口三口ほど水が飲めてホッとしたのに

綿棒に水を含ませて口の横から差し込んでやると喉が動きました
水の他にスープも少しずつ少しずつ含ませて
チャトくん頼むから飲んで

横になってもまたフラフラと歩いて
もういいからジッと寝ていなさいと言うのにフラフラと
「お腹すいてるの?喉乾いたの?」
何もしてあげられないマミーと娘
泣く事しかできない

チャトを愛してくれた実家の兄が車を飛ばして会いに来てくれました。
チャトくん良かったね


昨年の長寿猫表彰式の写真を飾りました
d0166164_2353575.gif

by karu-0_0-gamo | 2011-01-17 02:41 | 天国のチャトくん


22年と10ヶ月生きてお星様になった高齢猫との楽しい生活、新たに家族になった子猫の成長、ウォーキング、パソコン、etc. 気の向くままにのんびりとマイペースなブログです。


by カルガモ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
チャトくん
姫ちゃん育児日記
姫ちゃんと動物病院
天国のチャトくん
長寿猫表彰
高齢による身体の変化・病気
チャトのお食事
お友達(ワンニャン・ツバメ他)
のんびり
ウォーキング
パソコン&フリーソフト
イベント
エジプト旅行
肩腱板断裂治療日記
長寿ネコ
未分類

ランキング参加

フォロー中のブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
つねに青春・・・サイタ遊の会
「ROMA」在旅写ライタ...
好きな物や好きな事や気に...
シュシュのツバメ
明日も一緒に遊ぼうよ
Kyoko's Back...
武蔵野散歩Ⅱ
柴わんことにゃん太郎
寅んち、おいでよ
Breeze in Ma...
俺の心旅
猫じまん
YASCH+Y
チェリーちゃんねる 第2章
ここは私の宝箱(~▽~@...

以前の記事

2018年 01月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ライフログ


わたしおてつだいねこ (おてつだいねこシリーズ)


川の光


老猫さんの医・食・住―7歳以上は気をつけて


0才から2才のネコの育て方


旅猫リポート

タグ

(53)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)

最新の記事

頭再起動!
at 2018-01-18 00:30
阪神大震災23年
at 2018-01-17 10:07
姫サマご乱心!!
at 2018-01-15 16:42
かわいいお客様
at 2018-01-14 10:48
チャトくん命日(7年が経ちま..
at 2018-01-13 07:58
お正月・お正月・・姫ちゃんは避難
at 2018-01-07 17:28
心を新たに 姫&マミー
at 2018-01-01 01:00
VIVA!デブねこさん?
at 2017-02-08 22:35
ちびちゃんのピザ・パーティ
at 2017-02-01 14:59
お月様と金星のデイト
at 2017-02-01 00:00

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

猫
日々の出来事

画像一覧