<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

本当のお別れ(生まれ変わってもマミーの所においでね)

チャトが天国に行ってもう2週間が過ぎました。
亡くなってしばらくは泣いちゃいけない、いつまでも泣いていたらチャトは天国に行けないと頑張っていました。
でも、先週の金曜日夕方、仕事から帰ると涙が止まらなくなりました。
土曜日も朝から涙が・・・

外ではチャトの話は極力しないで、しても泣顔をせず淡々と話していました。
どこかで無理をしていたのですね。
自分で思いっきりないたらいいのよと言い聞かせて泣くだけ泣きました。

なんか時間が経つにつれ悲しみが込み上げて来て(/_;)

10日、また兄が来てくれました。
友人(ジュンちゃん(ブリュッセル・グリフォン&チワワ)のママ)もお花をいっぱい抱えて飛んで来てくれました。
おかげでチャトはきれいなお花に囲まれて
友人が最後の写真を撮ってあげなさいと言ってくれました。
彼女も1年ほど前にポメラニアンのマルちゃんを癌で亡くしています
最後の写真を大事にしているそうです。
マルちゃんも寝ているみたいに可愛い顔で天国に行きました。

お花に囲まれたチャトの最後の写真です
ちょっと昼寝していますよ~という表情でした
d0166164_2335323.gif


葬祭場に連れて行く為、箱のふたをするのがとてもつらかった・・・
顔が見えている間は悲しくてもそばにいてくれている気がしていたのですが、これで顔が見えなくなると思うと本当にチャトは本当に死んでしまったのだとまた涙が止まらなくなって(T_T)

息子の車で二女と一緒に葬祭場に向かいました
葬祭場で最後のお線香をあげてお別れしました
もう一度顔を見たかった

---------------------------------

このブログを書いていて、チャトのつらい闘病日記にはしたくないと思っていました。
いつまでもチャトとの楽しい想い出のブログでいたいと

その気持がわかっていたかのようにチャトは具合が悪くなって3日程で天国に行ってしまいました
楽しい想い出をいっぱい残してくれて

チャトとの楽しい生活を残したいと思って始めたブログ
初めの頃の投稿を何度も読み直しました
チャトの可愛い顔が沢山
ブログを始めて良かったと思いました

チャトが亡くなって色々自分を責めてしまいました。
エジプト旅行の準備や帰国後すぐお正月の用意でバタバタしていてチャトの信号に気がつかなかったのでは?
1月5日頃から食べる量が少なくなってきたのを年のせいで仕方ないのかな?と勝手に判断していた
半日早く病院に行って点滴をしてもらえばもう少し生きられた?

形としては老衰での死亡です。
私が望んでいたとおりに痛みもなく天国に行きました
でも、チャトにしたらどうしてフラフラするのか、喉が渇いているのにどうして口が開かないのか不思議だったと思います。

ひとつ不思議な事が!
娘が「チャトの耳が聞こえてるよ」と言いました。
呼びかけに反応しているとの事
2年前から聞こえなくなった耳
もし、また耳が聞こえるようになったのならまた私達のチャトという最後の呼び声がチャトに聞こえていたのですね
みんなを幸せにしてくれたチャトに神様からのご褒美
みんなの声を聞きながらチャトは天国に行けたのです

9日夜の点滴に行った際、自宅点滴をしていた方と話す機会がありました。
1ヶ月あまり自宅で続けたが、どんどん痩せて行き亡くなってしまったとの事
あの毎日の点滴はなんなんだったの?と思ったそうです。
やはり毎日苦痛を味わせたそうです。

チャトに自宅点滴と言われた時に迷いがありました
やはりしなくて良かったと思います。

チャトが亡くなって病院の先生のところに報告とお礼に行きました。
チャトがもうダメと分かっているので入院でなく自宅で看取れるようにして下さいました。
先生に「生まれ変わって戻っておいでね」と言いましたと話したら先生いわく
「もうその辺をウロウロしてますよ」ですって(これこれ・・・)(-_-;)
いつもケロッとして毒を吐くおもしろい先生です
先生が開院してすぐにお世話になったので先生にとっても特別の子だったようです

悩みながら書いたチャトの最期、一通り書き終わり心の区切りもつきました
頑張ってブログは続けて行きたいと思っています
励まして下さった皆様ありがとうございました。
by karu-0_0-gamo | 2011-01-26 00:26 | 天国のチャトくん

みんなにお礼を言って(最後までチャトらしい)

兄が飛んできてチャトにお別れができました。
兄もマミーと同じで動物が大好き。
子供の頃から夜に外でニャア~と言う声が聞こえると飛びだして捨てられていた子猫を連れてきた事も。

チャトはどんどん弱って行くのにやはりフラフラとお風呂場とご飯の場所に行きます。
喉が渇いているの?
だけど口は開かない・・・

マミー達がお風呂に入るといつも風呂ふたの上に乗って眺めている子でした。
お風呂が大好き!

好きな場所にしばらくいさせてあげようとマットを敷いてストーブをつけて寝かせてあげました。(弱っているチャトを写すのは辛かったですが、とても可愛い顔だったので思い切って写しました)
d0166164_12421575.jpg


水も飲ませてあげられないで見ているだけのマミー達・・・
抱っこも辛そうなのそっと寝かせてあげるだけ・・・

でも、どんどん弱って行くチャトですが痛みや苦しみの様子は全く見えません。
時間が経つにつれ、少しずつ機能が停止して行く・・・

夕方、長男と二女で最後のお水を口に含ませてあげました。
二女がそっと顔を撫でてあげるとグッタリしているのに顔を持ち上げて左手を娘の顔に伸ばします。
長男が顔を撫でるとまた、頭を持ち上げて顔を見て左手を伸ばしました。
ちゃんとお礼を言っていたのでしょう

7時、長女から「今モノレールに乗った」と電話が
1人暮らしの長女には仕事の関係からチャトの具合が悪い事ははっきり言っていませんでしたが、
連絡したメールの内容で変だと感じ、お昼に問い合わせてきたので思わず正直に返事してしまいました。

実は、去年秋頃に娘達に「もし、朝、チャトの具合が悪くなったら連絡はどうしよう?」と相談した事があります。
二女は当日でも休む事ができるからすぐ連絡して欲しい
長女はすぐに休む事ができない上に泣きながらではできない仕事の為、夜までは連絡しないと話していました。

ほとんど意識がなくなりつつあるチャトに「もうちょっと頑張ってね!お姉ちゃんが来るからね」と声を掛けました。
40分程して長女が号泣しながら到着
チャトを抱きしめる事ができました。

チャトは長女にもグッタリした頭を持ち上げて左手を伸ばしてお別れを・・・
長女に抱かれたまま20分程で天国に旅立ちました。

とてもとても静かな表情で、生きていたままのかわいい顔で眠っているように

22年と10ヶ月
私達を幸せにしてくれたチャト
マミーは辛い事があった時にはチャトを抱きしめて泣いた事もあります。
いつも慰め、癒してくれました。

みんなで「チャトありがとうね。天国でも幸せにね」とお礼を言いました。

落ち着いてからチャトを箱に納めました
大好きなチャトのベッドの枕の上に膝掛けでくるんで
お顔も長女が丁寧にふいてあげて、きれいな顔になりました
とてもおだやかな可愛い顔です
でも、箱になんか納めたくなかった、ずっとそのままにしておきたかった

その夜はみんなでチャトを偲んでお通夜をしました

チャトが大好きな人がみんな揃って抱きしめられて天国に逝ったチャトは幸せだよね
チャトには猫徳(人徳・・)があったんだよね
寝てるみたいだね
とてもとてもきれいな顔です
でも、どんどんどんどん冷たくなって行く・・・
by karu-0_0-gamo | 2011-01-22 13:20 | 天国のチャトくん

何もできないマミー達(脱水症状で弱るチャト)

1月6日の深夜、息子が「チャトが吐いて倒れた!」とチャトを抱いて降りてきました。
チョコレート色のおう吐物が手にも付いていました。

グッタリとした様子を見て「もうダメだ?」と思いました。
ずっと抱きしめていましたが、朝4時過ぎに急に起き上がり、階段を登って2階の息子のベッドに行きました。

「もう~、ビックリさせてぇ。吐いて力を入れすぎて倒れたのかも?」とちょっとホッとしました。

7日は仕事を休む事ができず、気になりながら出勤
仕事をしていても心配でたまりませんでした。

帰宅するといつもと同じように息子のベッドで寝ていました。
良かった、
明日の朝一番で病院に行こうと思いました。
(今、思うとその時すぐ病院に行っていればもう少し・・・と後悔の気持が)
それに、2日程前から食べる量も減り、薬がしっかり飲めていないかもと気にしてました

でも、ブログにも掲載しましたが、4日には元気な顔で写真も撮れたのでまさかこんなに急に具合が悪くなるなんて信じられなくて・・・

8日朝、目に見えて弱っている。
この日は実家に行く予定でしたがチャトが弱っているので日延べしてもらいました。
チャトが弱っている事を聞いて、母と兄が我が家に来ると言ってくれたのですが、チャトも静かに寝ていたいだろうからと断りました。

元気のないチャトを見ていると涙が止まらなくなり、結婚して近くに住んでいる娘に連絡して一緒に病院に行きました。

体重を計ると先月2.5kgあったのに1.8kgにまで減少!
体温は37度!異常に低い数値

血液検査をすると電解質の数値が信じられない程の値
先生も「こんなひどい数値は初めて見た」とおっしゃいました。

極度の脱水状態でした。

「薬がどうのこうのという状態ではない。とにかく生理食塩水を点滴しよう」
「今日の夜も点滴に来て下さい」

先生の言葉を聞きながら、お正月以来水の減り具合のチェックをちゃんとしていなかった?
おしっこはちゃんとしていたのに?
お薬が残っていたら無理矢理でも飲ませるべきだった?
頭の中を後悔の念ばかり渦巻きました。

点滴をしても体温は上がりませんでした。
「できるだけ身体を温めてあげて下さい」と言われました。

自宅に帰り電気膝掛けにくるみ二人で見守りました。
時々起きてご飯の所にいきますが口を開けずじっとみているだけ
水も飲まない

大好きなお風呂場にも行きますがそこでも水を飲まない

夜、点滴に行きました。
水を飲まないのでスポイトで飲ませる事は?と聞きますと、先生は「人間でも無理矢理飲まされたら辛いでしょ」と言われました。
そして「入院はさせませんからね」とおっしゃいました。
その言葉を聞いた時、覚悟しなければと・・

私が8日間エジプトに行って不在だった事もチャトのリズムが狂ってしまったかもと言われた時は辛くて・・(T_T)
息子が帰宅するのは11時頃
それまでチャトは寒い部屋で寝ていたのです。
息子も毎日心配でたまらなかった様子
エアコンをタイマーで早めに付けてあげれば良かったと今頃気づきました。

それに私を探して一晩で十数回起こされたと息子は言っていました。

寒さと寂しさ
チャトにはすごいストレスだったと思います。

涙が止まらなくて何も手に付かなくて・・・
娘が泊ってくれたのでマミーはホッとしました。

マミーの布団で寝ていたチャトはいつの間にか娘の布団に移動していました

9日朝、娘が「チャトがおしっこしてる!」と
布団も娘もびしょびしょでした。

チャトの失禁!その瞬間、来るものが来た思いました。
「もう、おねしょなんかしてぇ~」と娘に冗談っぽく言って、娘も乗ってくれましたが娘も覚悟したようです。
失禁はあと数回ありました
布団の中、歩きながらも・・・
おしっこをするという感じではなく、水がもれ出すような感じで

グッタリとして動かしてやるのは可哀そう
先生に相談しよう
早いけれど病院に電話しました。

先生はまだとの事
時計をにらんでしばらく待ち電話

マミーは泣かずに話す自信が無くて電話は全部娘がしてくれました

状況を話すと先生はもう点滴はやめましょうとの事
昨日の様子で先生は分かっていたのです
だから「入院はさせませんよ」と

私も入院させて寂しい思いをさせて、病院で寂しく天国に行かせるなんて絶対イヤでした
先生はマミーの気持をよーく分かっていたのです。

エジプトに行く前、早めの検診に行った際、「チャトは痛い思いをさせずに老衰で眠るような最期を迎えさせてやりたいのです」とマミーが話すと先生は「もう、今が老衰ですよ」なんて言ってマミーをびっくりさせていました。
その時、「腎臓が限界だから2日に一回の”自宅点滴”を考える時期になりましたよ」と言われエジプトから帰ってから考えますと返事してそのままになっていました。

”自宅点滴”・・・ マミーには抵抗がありました
2日に一回痛い思いをさせる・・・
点滴をやめればすぐに死につながる・・・
それが無理に生かせるだけの延命処置になるのならチャトにとって幸せなのだろうか?

少しでもそばにいて欲しい
でも、それがチャトにとって苦痛な処置を伴うのなら、マミーのエゴになるのでは?

チャトの弱っている状態を見ながら”自宅点滴”をしていれば・・・という後悔の気持も湧き上がりました

目に見えて弱り、フラフラなのに何回も何回もご飯と水の場所に行きジッとしています。
大好きなお風呂場にも何回も行きます。
でも、口を開きません
前日点滴をした後は、二口三口ほど水が飲めてホッとしたのに

綿棒に水を含ませて口の横から差し込んでやると喉が動きました
水の他にスープも少しずつ少しずつ含ませて
チャトくん頼むから飲んで

横になってもまたフラフラと歩いて
もういいからジッと寝ていなさいと言うのにフラフラと
「お腹すいてるの?喉乾いたの?」
何もしてあげられないマミーと娘
泣く事しかできない

チャトを愛してくれた実家の兄が車を飛ばして会いに来てくれました。
チャトくん良かったね


昨年の長寿猫表彰式の写真を飾りました
d0166164_2353575.gif

by karu-0_0-gamo | 2011-01-17 02:41 | 天国のチャトくん

大きな!大きな!チャトの存在!

チャトがお星さまになって明日で1週間です。
仏教でいう初七日

三途の川のほとりに到着する日を言うそうです。
四十九日まで色々あるとか・・・

チャトの事だからそんなのは気にしないで一気に天国に行って、もう犬のジュンちゃんや兎のムックン、ペロちゃん、ツバメのジョアちゃん、ミルミルちゃん、カメのウーたんに会って仲良しになっているでしょう。
おっと、マミーが結婚前に一緒だった、沢山々々の子達もお迎えしているでしょう。
一クラスできそう・・・(^^ゞ
そうそう、仲良しだった犬の友達のマルちゃんにリリーちゃんも待ってるよ!

チャトくん、寂しくないね♪

チャトはみんなを幸せな気持ちにしてくれたのだから。
明日はチャトの好きなお魚を用意してあげようと思います。

だいぶ落ち着きました。
でも、チャトのベッドの会った場所に目が行きます・・・
トイレのあった場所、ダイニングテーブルのあった場所も今はポッカリと空間に・・・

引き戸を閉めるときに20cmほど開けている・・・
家中の引き戸は全部20cmオープンが我が家のルール(^.^)
チャトさまのお通り~~~

息子は風邪をひいて熱があるのにやっぱりオープン

ブリの照り焼きを作りました
何か物足りない・・・(・_・;)
『お魚にゃぁ~~』と飛んでくるチャトの甘え声が無い・・・

玄関のドアを開ける時キチンと閉めなくてもよくなった・・・
いつも脱走しないように注意していたのに(+_+)

ホットカーペットで足を伸ばす時に座布団にあたっても「あっ!ゴメン」と言ってしまう・・・
足を伸ばすたびにチャトにコツンと当たっては謝っていたマミーです

買い物から帰っても大根の葉っぱに飛びつく姿が見えない・・・
大根、水菜が好きで袋に入っているのにムシャムシャ食べていたチャト(-_-;)

夜、布団に入るとあのフワフワの身体が懐かしい・・・
腕枕をする腕が手持無沙汰(T_T)

この年で?と笑われそうですが、モフモフ君を布団に引きずり込んで一緒に寝ています。
11月に目が合って家の子になったモフモフ君
両手で挟んでじっと目を合わせるとチャトといるような気持に・・・

「おはよ~」「いってきま~す」「ただいま~」とチャトに言っていたことばをモフモフ君に(^^ゞ
とても心が落ち着くのです
モフモフくんに助けられているマミー(^^ゞ
昨日、とうとう職場に連れて行ってしまいました。
マミーのデスクにチョコン
d0166164_1820084.jpg


明日、チャトの最期の様子をご報告します。
愛された人達に囲まれて天国に飛んで行ったチャトの猫徳!
最後の最後までチャトらしい別れ方でした。

大勢の方が訪問して下さっています。
私も皆様に慰められています。
ありがとうございます。
by karu-0_0-gamo | 2011-01-15 18:40 | 天国のチャトくん

チャトくん天国に旅立ち(急逝・享年22歳10ヶ月)

しばらくお休みしていました。

1月9日20時、チャトが天国に旅立ちました。
6日深夜に倒れてから3日間で・・・

22年10ヶ月!
こんなに生きてくれたら大往生と言うのでしょうか・・・

どんどん弱っていくチャトのそばで
3日間泣いて泣いて泣いていました

異常な脱水の為、朝晩の生理食塩水の点滴しか手の施しようがありませんでした。

10日に市の葬祭場まで連れて行き最後のお別れ
今、だいぶ落ち着きました
でも、まだまだ心にぽっかりと大きな穴が開いています

チャトのベッドのあった場所に目が行きます。
階段で音がすると、チャトと思ってしまいます。

もう少し心の整理ができましたら、ブログにチャトの最後の様子などご報告したいと思います
エジプト報告も頑張って続けていきます。

少し時間を下さい。
by karu-0_0-gamo | 2011-01-12 17:41 | 天国のチャトくん

エジプト(アブ・シンベル)

アレキサンドリアのコプト教会への爆破テロの後、騒動はどんどん拡大しています。
カイロでもキリスト、イスラム両教徒による政府に抗議するデモが起こっているようです。
国民に政府に対して不信感を持たせる・・・
テロリストの狙いどおりの展開に・・・(-_-;)

添乗員の方がお正月以降もエジプトに行くような事を話していました。
年末年始からのツアーも組まれていました。
参加者の皆さん不安だろうなと心配します。

さて、エジプトです。
アスワンから航空機でアブシンベルへ。
アスワン・ハイ・ダム建設の際水没の危機にさらされ、ユネスコの協力で移動できた神殿。
この話が流れた時にもマミーのエジプト熱は燃え上がりました。

この岩を曲がると大神殿が!
ドキドキ ドキドキ
d0166164_18135480.jpg

お~~っ
アブ・シンベルの大神殿!
で、でかい!
d0166164_1814710.jpg

4体のうち、このお方だけ頭が無い!
て言うか、4体ともラムセス2世さんですが。
d0166164_18163375.jpg

頭はここに! 痛たたた~
当時のままに再現しているそうです。
d0166164_18164173.jpg

大神殿の入り口です。
神殿は太陽が登る東向きにつくられていて、年に2回入り口から光が差し込み奥の像に光が当たるようになっています。
あの時代にちゃんと計算して作るなんてすごい!
内部には大きな立像や素晴らしいレリーフ等が沢山
d0166164_18195656.jpg

入り口の両側にいるポリスとオジチャン
にこやかに入り口の大きなカギを貸してくれます。
写真を取ると、しっかり1ドル取られました。
ポリスがそんな事していいの?

奥様のネフェルタリさんの為の小神殿
奥様は旦那様に挟まれて立っています
d0166164_18244253.jpg

ここにもワンちゃん
d0166164_1828975.jpg

神殿の裏をくるっと回って出口に向かう途中にクルーズの船が止まっていました。
ナイル川クルーズの旅も優雅でいいなあ(*^_^*)
今度はクルーズで行こうっと。 でへっ(^^ゞ
d0166164_18283927.jpg

なんかぶつかりそうな・・・
d0166164_18285055.jpg

神殿の裏側です
のっぺりと愛想無く・・・(^^ゞ
とにかく広大なので何かが無いと大きさが伝わらないのが残念ですね
d0166164_1831734.jpg

アスワンの日差しはきついです。
ズボンの上からもジリジリと足を焼いているようです。
ベスト・シーズンの冬でこの日差し!
気温も27度位で、空気は乾燥していて快適ですが、この日差しのきつさ!
すごいです。痛いっ(>_<)
by karu-0_0-gamo | 2011-01-06 18:41 | エジプト旅行

エジプト(アスワンハイダム)

8日間留守の間に、またまたチャトと息子の間には堅~い絆ができたようです(-_-;)
息子の後を追いかけまわしています。
よほど寂しかったのでしょう・・・  それにしても・・・(T_T)

でも、やっぱりいつもの甘えん坊チャトくん!
d0166164_2214229.jpg
4月には23才になりますが、この童顔!(親の欲目??)
23才になるジイチャンには見えないでしょ?

さて、エジプトです。
朝一の6時20分出発(ねむっ)でバスに乗りアスワンハイダムへ向かいました。
早朝のエジプトは寒いです。
吐く息が白く、ダウンを着ていても寒い (陽が昇るといっきに暑くなるのですが)アスワンハイダムからの眺めをバックにスナップを
d0166164_2265410.jpg

朝日で輝く水面とナイル川向こうに見える神殿
d0166164_229209.jpg

アスワンダムの説明板
砂漠の砂を記念に少し持ち帰りました。
アスワンの砂が一番きれいだそうです。
砂の感じは糠漬けの糠みたい・・・ 本当は砂の持ち帰りは???
ちなみに「サハラ砂漠」の「サハラ」とは「砂漠」という意味でそうです。
私達は「砂漠砂漠」と呼んでいる訳です(^^ゞ
d0166164_22113787.jpg


この後、アスワンからアブシンベルまでは航空機で移動(30分程)なのでとても楽でした。
この時初めてマミーはセキュリティチェックに引っ掛かりました!
おもむろに全身をボディチェック。無言で首に掛けているパスポートと貴重品を入れた袋のヒモを指さされました。首から引き抜いて「money」と言うと、ちょいちょいと紙袋を指さされました。
「oh! card & key!」 そうなんです。スーツケースのスペアキーを入れていたのです。
関空でもルクソール空港でも、ずっとずっと引っ掛からなかったのにこんな所で!
アスワンの小さな空港なのにしっかりチェック!
同行者はずっとベルトのバックルで引っ掛かっていました。
不思議にマミーのバックルは引っ掛からない・・・

セキュリティってどうなっているのでしょう。
帰国時のカイロ空港は、堂々とリュックの外ポケットにミネラルウォーターのペットボトルを入れていたのにスルー!

しかし、テロ多発の国エジプト
空港はもちろん、ホテル、博物館、スーパーマーケット、遺跡、入り口のある所ではすべてセキュリティ・チェックが。
その都度、リュックやポーチを降ろしてセンサーのベルトによっこらしょ(>_<)
時にはポーチのベルトにカメラのストラップにスカーフが巻きついて大騒動に(-"-)
こうして爆弾テロをチェックしているのでしょうが、車での自爆テロは防ぎようがないのが現実・・・


ご訪問ありがとうございます。
ブログ村に参加しています。
励みになりますので↓ click ヨロシクd0166164_23372368.gif
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
by karu-0_0-gamo | 2011-01-04 22:51 | エジプト旅行

エジプト(アスワン)

お正月です。
チャトもお正月ヴァージョンで海老型昼寝してます
d0166164_2320171.jpg


エジプト滞在中にアスワンへ向かうアメリカ人観光客を乗せたバスが事故に会い、死者がでたとの話を聞きました。ショックでした。(死者8名、負傷者23名)
確かにエジプトのルール不在の交通事情、事故があってもおかしくない状況でした。
帰国してからもアレキサンドリアでの爆弾テロと悲しい事件が続き、私の胸を躍らせてくれたエジプトの厳しさを突き付けられ、またショックを受けました。

二重構造で有名なコムオンボ神殿
d0166164_23373349.jpg

ナイロメーター(ナイル川の氾濫を予測するため、水位を計った物)
d0166164_2339483.jpg

コムオンボ神殿横を流れるナイル川
クルーズの船やファルーカがノンビリ浮かんでいました
d0166164_2345030.jpg

切りかけのオベリスクの前で「ハイ、ポーズ」
日差しがきつく帽子とサングラスは必需品
d0166164_2351164.jpg

ファルーカ(帆かけ船)に乗り、ナイル川セイリングを楽しみました。
ウレタンの様な板に乗った子供が二人で船に寄って来て、船べりをつかんで歌を歌いました。
バクシーシが目的なのです。
迷いましたが4色ボールペンをあげるとすぐ離れて、二人で見せ合っていました。
あの広いナイル川をあんな板切れを見事に操って、観光客のファルーカ目指して、たくましいと言うか、なんと言うか複雑な気持ちになりました
d0166164_23575675.jpg

2泊目のホテル、ピラミサイシス・アイランドホテルと室内
ホテルのバルコニーから見えるナイル川
d0166164_2358917.jpg


途中で雑貨店に寄りました。(ツアー会社指定の)
金製品は購入する気が無いのでパスしてブラブラしていると、可愛いペンダントトップが!
足を止めるとサッと二人のオジサンがやって来ました。

すかさずマミーの視線にあるペンダントトップを取りだしました。
263ドルとの事。
「いらない」と言うと「ディスカント OK!」と言い、突如200ドルに!
なお、「いらない」と言うと190ドル!
「いらない」「180ドル!」
オジサン「いくらなら買う?」
マミー180ドルの100の位を指で隠して「80ドルOK!」(ガハハなんて事を)
オジサン「・・・」
その後160ドル、150ドル、115ドルまでディスカウント!
「ラー・ショクラン!」と言ってやっとこさ解放されました。
しばらく店内をブラブラしているとさっきのオジサンが追いかけてきて「112ドル!」
263ドルが112ドルまでディスカウント!信じられない!
マミーはいらないと言っているのに!
あまりのディスカウントにその金製品?に疑いを持ってしまって・・・
買いませんでした・・・はい(-_-;)


ご訪問ありがとうございます。
ブログ村に参加しています。↓ click pleased0166164_23372368.gif
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
by karu-0_0-gamo | 2011-01-04 00:24 | エジプト旅行

エジプト(エドフ・ホルス神殿)

お正月二日目 二女夫婦が来ました。
お節の他に、お刺身、ローストビーフ、なんやかやと用意してスパークリングワイン、ビールにジュースでお食事。
予想外に量が多くて、予定していた合鴨の鍋物まではお腹がいっぱいになり娘お持ち帰りさせました(*^_^*)
今日が本当のお正月気分でした。

ではでは、エジプトに戻りましょう。

2日目、エドフのホルス神殿観光
ハヤブサの姿をしたホルス神にささげた神殿です。
d0166164_18554638.jpg
あちこちでホルス君?にお目に掛りますが、とってもかわゆい!

ホルス神殿の門と内部です
d0166164_18571043.jpg


車窓から見たエジプトの住居
日干しレンガで造られ、屋根は無いこともあり、あっても干したナツメヤシの葉や木を葺いただけです。
最初屋根が無いので取り壊し中??と思っていましたが、ガイドさんの説明で納得しました。
雨が降らないので屋根が無くてもOK!
d0166164_18584712.jpg

d0166164_1859784.jpg


とうきび工場の黒煙!
あんなにボウボウと黒煙を立てて!とビックリ 日本では公害と大問題でしょう!
d0166164_196503.jpg


市場の人混み
d0166164_1973256.jpg


エジプトの遺跡も素晴らしいですが、マミーは町並や人々の生活がとても新鮮で惹きつけられる場面が沢山ありました。
2日目にして感じた事。
日本はいかに恵まれているか!完璧な事か!

ご訪問ありがとうございます。
ブログ村に参加しています。↓ click pleased0166164_23372368.gif
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
by karu-0_0-gamo | 2011-01-02 19:13 | エジプト旅行

今年もよろしくお願いします(*^_^*)

d0166164_15312539.gif
d0166164_1539145.jpg


のんびりとしたお正月を迎えました
今日から新年が始まります
チャト共々今年もどうぞよろしくお願いいたします。

チャトもお節をモグモグ
d0166164_15421953.jpg



ご訪問ありがとうございます。
ブログ村に参加しています。↓ click pleased0166164_23372368.gif
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
by karu-0_0-gamo | 2011-01-01 15:43


22年と10ヶ月生きてお星様になった高齢猫との楽しい生活、新たに家族になった子猫の成長、ウォーキング、パソコン、etc. 気の向くままにのんびりとマイペースなブログです。


by カルガモ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
チャトくん
姫ちゃん育児日記
姫ちゃんと動物病院
天国のチャトくん
長寿猫表彰
高齢による身体の変化・病気
チャトのお食事
お友達(ワンニャン・ツバメ他)
のんびり
ウォーキング
パソコン&フリーソフト
イベント
エジプト旅行
肩腱板断裂治療日記
長寿ネコ
未分類

ランキング参加

フォロー中のブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
つねに青春・・・サイタ遊の会
「ROMA」在旅写ライタ...
好きな物や好きな事や気に...
シュシュのツバメ
明日も一緒に遊ぼうよ
Kyoko's Back...
武蔵野散歩Ⅱ
柴わんことにゃん太郎
寅んち、おいでよ
Breeze in Ma...
俺の心旅
猫じまん
YASCH+Y
チェリーちゃんねる 第2章
ここは私の宝箱(~▽~@...

以前の記事

2018年 01月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ライフログ


わたしおてつだいねこ (おてつだいねこシリーズ)


川の光


老猫さんの医・食・住―7歳以上は気をつけて


0才から2才のネコの育て方


旅猫リポート

タグ

(53)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)

最新の記事

頭再起動!
at 2018-01-18 00:30
阪神大震災23年
at 2018-01-17 10:07
姫サマご乱心!!
at 2018-01-15 16:42
かわいいお客様
at 2018-01-14 10:48
チャトくん命日(7年が経ちま..
at 2018-01-13 07:58
お正月・お正月・・姫ちゃんは避難
at 2018-01-07 17:28
心を新たに 姫&マミー
at 2018-01-01 01:00
VIVA!デブねこさん?
at 2017-02-08 22:35
ちびちゃんのピザ・パーティ
at 2017-02-01 14:59
お月様と金星のデイト
at 2017-02-01 00:00

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

猫
日々の出来事

画像一覧